Pontronics

基礎研究に励みながら、サイエンス/産学連携/アクセラレーション関連を発信します

書評『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』 著:ルイス ダートネル

■概要

この本は文字通り、人間の文明が何らかの要因で崩れたら
残された人類はどう文明を復興するべきかを思考実験したものである。
 
もし世界で1つしか後世に情報を伝えられないとしたら何を伝える?と問われれば、
天才物理学者ファインマンは「原子とその凝集力と反発力の存在」と答えたという。
 
人類文明の中で、偶然や長い積み重ねに基づく発想を再現するには時間がかかる。
ファインマンのように一言ではないが一冊をかけて文明復興のために
何がキーポイントになるのかの思考実験を宇宙物理学者である筆者は、
再現性のある科学を論拠に繰り広げている。
 

ブラックボックス化した文明

極度に発達した文明では、理論と実践の隔たりを埋める存在はとても少ない。
発達した科学は魔術と見分けがつかない
という言葉にある通り、いまの文明では多くの事がブラックボックス化していることを実感する。
書籍は数式までは立ち入らないが、メカニズムの大枠を実生活と結びつけて理解するには十分リッチな内容であった。
 
また、現代の文明が相互に強く依存しているシステムのため
例えば電力供給ができなくなったらと考えるとその恐ろしさをさらに実感できる。
僕らは、鉛筆を量産するシステムさえその全体を把握していない。(電気/輸送etc)
 
書かれている項目を大別すると
  • 農業
  • 食料と衣服
  • 酸と塩基
  • 金属/ガラス
  • 医薬品
  • 電気/機械
  • 輸送機関
  • コミュニケーション
  • 応用化学
とあげられており文明復興とともに、科学と技術の共生関係からイノベーションコモディティに落としこむ繰り返しが見て取れる。そして科学の根幹に単位あり。
正確な計測による定量化が文明を進めてきた大きな要因であることを認識させられる。
 
 

書評『十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争』著 : 峯村 健司

■概要

中国において習近平が13億分の1の男、すなわち総書記に上り詰めるまでの権力闘争を描いたノンフィクション。
筆者は、習近平の権力基盤の捉え方が日本と、その他の国で大きく異なるという。
日本では弱いと見られがちな習近平の権力基盤は詳察してみると、盤石な耐性であることが伺える
 
中国なら発禁本と帯にもあるほど、徹底した取材に基づいていると感じる
中国を動かす原動力の本質は権力闘争にあると気付かされる一冊
 

■中国の原動力はなんだろう

もともとこの本を読むきっかけは安保法案審議が取り上げられた事にあった。
安保法案を通すか通さないかに議論が集中する中、本質的になぜ安保が存在し改変のモチベーションが生まれるのかを知りたかった。
その源泉を探る上で見逃せないのが、中国の動きを知ることだった。
 
今後の中国の動きを予想するためには、その原動力を知らねばならない。
古典物理で運動を決定するには、系に働く力を理解する必要があるのと同じように
そしてその動きの予測に対応する日本の動きを知るために。
 
中国の動きをよりクリアに理解するための1つの視点としておすすめの良書
 

大学院受験 : 受験生活からの学び

■受験生活からの学び

受験生活を通して学んだことは
学習は"設計”できる ということです。
もう少し正確に言えば「計画的な学習は"設計”できる」です
 

■2種類の学習

学習する機会が、事前に予測できるか否かで学習を2つに分類してみます。
 
  1. 計画的な学習
  2. 偶発的な学習
 
たまたま手にとった本、見た映画、友人との会話、近所を散歩していてみた風景など
偶発的な学習のタネは多様で、予測不可能です。
そして綺麗に歯を磨く方法の学びから、その後の人生を変えてしまうほどの学びまで
多くの影響があります。
 
ただ偶発的な学習を活かす源は、計画的な学習です。
 
学びに関して過去の記事にあるように(ベンチャーで過ごした1年と多様性 - AcadeBusiness
学びは、気付き→言語化→関連付け のステップで深まっていきます。
目の前の出来事から、学びの一端を見つけ言語化し、自分と深く関連付けるためには
多くのアンテナを持っていると有利です。それを実現するためにコントロールできるのは
日々の計画的な学習です。
 
例えば、波の伝播を学んだ人と初耳の人では、スマホの電波が弱い時の解決策へのアイディアは変わってくるかもしれません。
 
計画的とは、学習する内容が決まっていることではなく、学習するタイミングをコントロールできることです(没頭することもあるので正確にはある程度コントロールできる)
計画的というよりは戦略的といったほうが良いかもしれません
 

■計画的な学習は”設計"できる

受験への学習を通して、「計画的な学習は"設計”できる」こと
つまり「時間分配をコントロールして目的の概念を習得することができる」
と思うようになりました。もちろん時間はとてもかかります。
 
ただし、設計した通りに学習が進むことはほとんどありません。
常に仮説検証の実験を繰り返すことで、「時間分配の最適化を続けること」が学習の設計には必要です。もし受験勉強開始のときのプラン/習慣にずっと沿って学習していたら、合格はなかったかもしれません。
 
 

■学習はひとりでやるものではない

自分自身で世界のすべてを理解できるわけではりません。むしろわかることはほんの一握りです。
試験に向けた学習に関しても、友人・先輩・先生方の教えがあったからこそ方針が建てられ、より有効な学習ができました。
 
わからないことがあったら、その専門の人と協力するのも1つです。
でも自身で学習が必要なときもたくさんあります。この受験期間はそういったときには、
先人の教えを活かして学習を設計して乗り越える事ができると体感した期間でした
 
"僕が知る"ことは最終ゴールではありません、そこから何を生み出せるかにかかっています。
価値を生産するためにも精一杯学習と実践を続けます
 

大学院試験 : 物理で使った教科書・参考書

■物理学習で使用した教科書/参考書

結果としては、過去問の正答率で
 5月:25%程度
 試験1週間前:95%前後
※本番は実感値で70%ほどで、落ちるのではないかという不安と数日間戦うことになりました
試験に向けての物理の学習教材は以下のようなものを使いました
 
教科書
演習書
 
 

■試験範囲の科目

試験範囲は物理・化学の13分野から4分野選択して回答するものでした
そこから物理の要素が強い以下の5分野を選択することにしました
  1. 力学
  2. 電磁気学
  3. 量子力学
  4. 熱・統計力学
  5. 固体物理
 

■学習分野の優先順位

多くの時間がないため、過去問からある程度傾向をつかみ
学習時間の分配に濃淡を付けるための指標を得ます。
具体的には下記のような順番で学習する優先順位を決めていきました
 
  1. 過去問を分析し出題の傾向をつかむ
  2. 一般的な4年生大学で学習する領域から重要な概念をピックアップする
  3. 自分の現在の理解度を認識する
  4. 1,2との差を洗い出す
  5. 過去問の傾向に合致する領域から優先的に学習を進める
 
ただし、学習範の優先順位は振り返りの度に変更していきます。
例えば、
電磁気学で双極子モーメントの計算に不安が多いようであったら、
ベクトル演算を優先的に学習し、電磁気の理解を深められるようにします。
詳しい学習設計は後日またまとめます
 
 

■InputとOutputをセットにした学習

試験に向けた物理学習は
  1. 概念理解
  2. 計算演習
のサイクルを限りなく早く回すことを基本とします。
 
教科書などを読み概念を理解することはもちろん大切です
と同時に、演習を通じて「本当に理解できているか?」「具体的に計算できるか?」を明らかにすることも重要です。
演習を通じて「せっかく教科書を読み進めたのに、理解できてなかった」と肩を落とすのではなく
「さらなる理解の余地があり、改善することができる」と捉えてどんどんサイクルを回します
 
”概念理解→演習” のサイクルを小さく・素早く回し続けることで、常に自分の理解度を把握しながら確実に学習を進められるので、達成感と安心感の上に試験に臨むことができました
 
英語を話せるようになりたいなら
英語の文法書を読み続けるだけではなく、同時に英語を聞き・使う環境にいた方がより定着は早くなります。視覚だけではなく、聴覚も、触覚も総動員しながら複数の感覚器官・複数の異なる脳の使い方を駆使しながら理解を進めていきます。
同じように物理でも、概念理解(Input)と計算演習(Output)をセットにして学ぶことで学習のスピードアップを図りました。 
 
フロー式の参考書は上記のサイクルをとても回しやすい書籍です
特に量子統計力学 フロー式(石原) は大学時代に授業を受けた石原先生のもので古典統計に始まり、相転移の概念の入り口まで一歩ずつ導いてくれる良書だと思います

  
 

大学院受験 : 英語の学習設計

■英語の学習

学習の結果としては模試で
   5月 :  TOEFL iBT換算で62~63点(TOEIC換算600点)
   8月 :  TOEFL iBT換算で94~95点(TOEIC換算830点)
ほどのスコアまで到達しました
 
過去記事にもあった学習参考書の具体的な使用法を見ていきます
 

■英語は習慣

英語圏の人々は子供から大人まで英語で話すことができます。ここからも言語は習慣によって習得されるものであることがわかります。絶対的な学習量が必要であり、一度にたくさん学習するというよりも継続的に学習し続けることが必要です。逆に言えば、飽きることが一番の敵であり、継続して学習する仕組みが整えられれば英語力は上がっていきます。
 
一口に英語力と言っても 英語力 = Reading × Listening × Speaking × Writing と多くの要素があると思いますが、今回は Reading ,  Listening をメインとした学習を設計しました
  
継続学習に関して印象的だったのは、オンライン英会話の講師の先生@タイが「小学生のときに英語の学習を始めたけど、いまでも(15年ほど)学習を続けて英語に触れるようにしている」という言葉です。意図的に英語に触れる習慣は(自動翻訳がシームレスになるまで)必要でしょう。
 
 

■英語習慣の設計

飽きずに学習を続ける仕組みを整えることが、学習設計のポイントです
そもそも習慣は
  1. トリガー
  2. 行動
  3. 報酬
の3ステップで形作られるといいます。(『エッセンシャル思考 』著 : グレッグ・マキューン
 
例えば、Duoを使用した学習に関しては
  1. 起床後PCを立ち上げた時に
  2. 5セクション(50例文ほど)の音源を聞きながら発音。聞き取れなかったものはチェックしてスムーズに発音できるまで続ける
  3. 終了後facebookのチェックをする
と設計しました。この形も試行錯誤であり、時期によってセクション数を設定しなおしました
最初に英語学習を始めた時は10セクション/dayに設定して途中で挫折しました
 
 

■単語とリスニング

Duoを使い倒しました。とにかく小さい分量(数セクション/day)を反復し続けることで、単語を聞いただけで例文全体が浮かんでくるようになりました
  1. 単語をチェック × 3周 
  2. 音源を聞きく × 2周
  3. 音源を聞きながら頭のなかで意味を理解する ×2周
  4. 音源を聞きながら発音する × n周

 
 

■避けがちな試験

試験で使用したのはこの3冊です
注意したのは3点で
  1. テストの時間を明確に決める(Googleカレンダーに登録)
  2. わからなかった単語をすべてリスト化する
  3. 同じ模試を期間をあけて2回以上解く
 として定期的にテストをし自分の実力をセンシングしながら、1歩ずつ学習を進めました
 

■英語で情報を取り入れる

試験のための英語だけではなく、実際の使用を考えて英語を学習するとモチベーションになりますし、多角的に英語と触れられるので学習効果が高いです
  • 英語のニュース (1記事/day)
  • DMM英会話  (2回/週)
Feedlyで毎日英語Newsが流れてくる環境を設計し、スマホをみたら流し読むを繰り返します。
 
 
以上が英語の具体的な学習設計です

大学院受験 : 参考書と演習書

下記目標を達成するために
  • 英語 : TOEFL    ITP TOEFL換算 700点
  • 物理 : 過去問    正答率 60%
学習教材として使ったものはこちらです
 

■英語

  • Duo3.0
  • Duo3.0 CD/復習用
  • 完全攻略!TOEFL ITP テスト
  • 完全攻略!TOEFL ITP テスト 模試4回分
  • DMM英会話
 

■物理

【教科書】

 

【演習】

 

読み物】 

  • 物理の歴史
  • 科学者という仕事
  • ご冗談でしょう、ファインマンさん
  • マンガ お話し物理学史
  • 物理数学の直感的方法
 
 

大学院受験 : 学習PDCAとメタ認知学習

■学習の設計

で掲げた当面の目標(下記)を達成するための学習設計を考えます
  • 英語 : TOEFL    ITP TOEFL換算 700点
  • 物理 : 過去問    正答率 60%
 
 

■学習設計のPDCA

振り返って見ると、多くの試行錯誤と失敗の上にいまの学習の形があります。
結局は、"自分にとってどのような学習PDCAが最適か" を探る試行錯誤でした
 
期間によっても多少の変更はありますが、上記の目標を達成する間のPDCA
最終的に以下のようになっていました。
 
  1. Plan
    1. 過去問の題材を分析してわからない概念のWBSを作成する
    2. 参考になる教科書・演習書をピックアップし問題量をおおまかに決める
    3. 各分野に解答期限を設け、いつどこでそのタスクを実行するか決める
    4. 日常生活の新しい習慣(運動や瞑想など)の実験内容を決める
  2. Do 
    1. Planに準じで教科書・演習書・習慣を進める
    2. 理解しきれなかった分野・自分のコンディションと解答量などをセンシングしておく
  3. Check
    1. 計画と実行の進捗度合いの差を確認・可視化する
    2. 各分野の過去問を解き、正答率をベンチマークする
    3. 理解できていない分野を明らかにする
    4. 勉強しづらかったコンディション・良い習慣と悪い習慣を明らかにする
  4. Action
    1. 1サイクルで学んだことを言語化・関連付け・体系化する
    2. WBSをブラッシュアップする
    3. 進捗に合わせてタスク量をコントロールする
    4. 続ける習慣・やめる習慣を決めて計画に反映する
 
とにかく気をつけたのは
  • センシングしながら学習すること
  • 効率よく脳を使うための習慣
です。センシングしながらの学習は、教育心理学ではメタ認知学習という言います。
メタ認知学習に関しては、下記記事にわかりやすい例とともにあり、とても参考になりました
 
メタ認知学習者」とは教育心理学用語で、「自分がどこまでわかっていて、どこまでがわかっていないかを把握している」学習者のこと