Pontronics

基礎研究に励みながら、サイエンス/産学連携/アクセラレーション関連を発信します

大学院受験 : 目的を達成するためには

■目的を達成するために

具体的な合格に向けたルートを考えていきます。前職では非常に多くの学びがありました中でも"目的を達成するために何ができるか"を端的に表した2つの言葉は、自分の行動に大きな影響を与えてくれました。
・自分がもつ最も貴重なリソースは"時間"である
・目的を達成するために自分がコントロールできるのは典型的な1日の行動の時間配分のみ

 この典型的な1日を設計するために合格するというプロジェクトを分解してみます。

■プロジェクトを分解する

プロジェクトを分解して
日々の行動(=タスクに対する時間配分)として表していきます
 
  1. 成果物は何か
    大学院に入学して研究できる状態

  2. どんな手法を取るか
    ・一般入試(筆記・面接)を受ける

  3. 主にどんなタスクが存在するか
    ・筆記試験合格に必要な問題解答力をつける
    ・興味のある研究分野の最新研究内容をキャッチアップする

  4. どのくらい時間がかかるか
    ・学習時間はまずセンシングして自分の学習速度を理把握
    ・反復学習も含めた定着までにかかる時間を加味
    ・1.5倍ほどのバッファをもって設定する

  5. どうリソースを配分できるか
    ・1日にどのくらい時間をかけられるか : 生活習慣と学習時間配分
    ・どう配分するのが効果的か : 学習時間配分と学習効率

  6. KPIはなにか
    ・演習問題の進捗率
    ・過去問の正答率

  7. どう修正するか
    ・振り返りを仕組み化する