Pontronics

基礎研究に励みながら、サイエンス/産学連携/アクセラレーション関連を発信します

オウンドメディアを企画するために買った本を紹介する

オウンドメディアを作成するにあたり、必要な概念をどう学ぼうかと思って買った本を紹介する

 

本を買うまでの背景

最初はWebで情報を集めて、闇雲に相見積を取って発注しようと考えていたが

どうもうまくまとまらない。

どの機能がサイトに必要なのか、本当に目的を果たすメディアになっているのか

判断する基準が自分の中にないのだ。

これは根本的にオウンドメディアとはなにか理解せねばと思いたった。

 

マーケティングから見るオウンドメディア

なんのためにオウンドメディアを行うか。企業の目的から考えればこれはマーケティングになると思う。マーケティングの視点から見ればオウンドメディアは

マーケティング > コンテンツマーケティング > オウンドメディアマーケティング

という位置づけになりそうだ。

 

オウンドメディアを発注するために学んだソース

そこでコンテンツマーケティングを学ぶために買ったのが

イノーバ宗像さんのこの本。読みやすく図解が多く初心者には嬉しい背景情報を理解できた。これでどうしてオウンドメディアを作り、どう顧客体験を作るべきかイメージがついた

 

その後では、顧客との関係ができた後にどうやって

コミュニティを繁栄させていくのかという疑問にたどり着き

コミュニティマネージャーという考え方を勉強中

 

人材採用とコンテンツマーケティング

学んでいて思ったのは、人材採用もマーケティングとほとんど同じステップを踏むということ。

特にいま、ベンチャーなどの人事担当でwantedlyなどを使って採用を考えているならば、やることはほとんどコンテンツマーケティングと同じ。

最終的なコンバージョンが、人材採用なコンテンツマーケティングである。

オンラインでの代替が進めば「○○ × コンテンツマーケティング」はより存在感をますだろうな